2012年のwebコンセプトは「自動化」だと思う

2012年1月10日


様々なwebサービスを耳にするようになりました。「これって便利」「これで人生が変わった」という声を聞く一方、「いろいろありすぎて使いこなせない」という声もちらほら聞こえてきます。

 

次々とでるwebサービスに疲れた2011年

ブログが登場して世間を賑やかしたのは、今や昔。
今は、mixiで特定グループと密にコミュニケーションをとりながら、facebookのアカウントを名刺代わりにし、twitterで日常の呟きを公開しながら、はてブでお気に入りを共有。dropboxで…って、いろいろなwebサービスが一般的になりすぎ!という状態です。

大体の人は、次のプロセスをたどりながら、いろいろなwebサービスを使いこなそうとがんばります。

1.新しいサービスをとりあえずはじめてみる

「とりあえず登録だけ」も含めて、一番わくわくしている状態かもしれません。 これで何ができるんだろう、もしくは誰かの成功事例を聞いて「自分にも何かいいことが起きるのではないか」などと考えている状態です。

2.以前使っていたサービスとの住み分けを考える

mixiとtwitterとfacebookとgoogle+などはまさにこの象徴だと思います。どれに何を書くのか、同じことを書くのか。どうやって使いこなすのがすっきりするのかの試行錯誤を行いはじめます。

3.更新が面倒になってきて、webサービスの連携をはじめる

「わざわざ同じ内容をmixiとfacebookに書くのが面倒」などと考え始め、基点とするサービスから自動的に他のサービスへ投稿できるように設定をはじめます。例えば、twitterに書き込んだ内容がfacebookにも自動的に更新されるとか。
 
 
今いるプロセスに疲れを感じながらも、次のプロセスに移行できなかった人が、疲れはててネットコミュニケーションをやめてしまう「ソーシャル疲れ」になるんだと思います。
 
ということは、3でwebサービスの連携をはじめて、それでも疲れはててきた人はどこにいくのでしょうか。
 

「もっと自動化」が次のプロセス

twitterとfacebookを連携して一段落ついた人が次に考えるのが、「わざわざこんなことしたくない」「もっと自動化できるものはないだろうか」でしょう。

「facebookで自分のタグがつけられたら、その写真はdropboxに入れておくようになってほしい」「dropboxに入れた写真は自動的にリサイズされてほしい」

言い換えたら、どんどんモノグサになっていくプロセスということもできるかもしれません(笑)
でも仕方のない話です。「twitterをやめたら仕事効率がよくなった」なんて話はざらに聞くぐらいウェブサービスって時間をとられるものですし、それを4つも5つも使いこなすためには楽しないとやってられません。

実は、その「もっと自動化」の波はもうやってきています。メニュー等が日本語ではないのであまり一般的にはなっていませんが、使うデータが日本語でも使えます。
例えば、各種webサービス同士の連携をwebアプリをかませて行うことによって様々な自動化機能をつけることができる、「ifttt」


 
これを使えば「facebookで自分のタグがつけられたら、その写真はdropboxに入れておくようになってほしい」や「Twitterでフォローされたら挨拶を返す」などを自動的に行うことができます。
使い方は、「ブロガーハックBusidea」さんをご参考下さい。
 
 
また、dropboxにファイルを放り込んだだけで、書類だったら自動的にpdfファイルになったり、写真だったら自動的にリサイズしたりするサービス「Dropbox Automator」なども出てきています。
 

 
こっちの使い方は、「Lifehaking.jp」さんが詳しいです。
 

終わりに

そう考えると、もう「新たなwebコミュニケーションサービスが出てくる時代」は終わったのかもしれません。
もっと便利な世の中、もっと便利なサービス…と求めていったらきりはないわけですが、そもそも使い手は何が新しくて何が面白くてという前に「もういろいろなサービスを使い過ぎて疲れた…」という状態になってしまっています。
 
となると、これからは「それらのサービスを組み合わせて便利にするか」「どう自動化していくか」が求められていくんだろうなと思います。
 
それでは、また。

slackチームに参加下さい

ng-onsenui2.slack.com

OnsenUI2(Angular2)について知見を共有する場です。Angular2に限ってOnsenUI2を議論できる場がなかったのでつくりました。これから使い始めるという方はぜひご参加ください。
https://ng-onsenui2.herokuapp.com/

Ionic2.slack.com

日本語情報が少ないのでこちらで知見を共有できればと思います。お陰様で参加者100名を超えました。ありがとうございます。
https://ionic2-ja.herokuapp.com